内視鏡検査

胃や大腸をみるだけでなく、ポリープ等を切除するなどの処置も行います

「お問い合わせフォーム」メール受信エラーのお知らせとお詫び

東旭川病院ホームページをご愛顧いただきまして、誠に有難うございます。
メールシステムの不具合により、「お問い合わせフォーム」の一部のメールが受信できない状況が発生しておりました。 発生時期:10月1日(金)〜10月8日(金) そのため、当院にてお問い合わせの確認が出来ていない可能性がございます。
誠に申し訳ございませんが、お問い合わせをいただき、当院からの返信が届いていない場合は、再度ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
大変ご不便をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。

胃内視鏡検査
・検査は予約制ですが当日の検査も可能です。(朝食を食べないでの来院)
また、緊急性がある場合も当日検査する事ができます。

・最新内視鏡システム NBI により特殊な光を照射することで毛細血管の状態など微妙な変化を発見しやすく病変の早期発見、特に早期の食道がん、胃がんの発見に高い有効性があります。
*サイズの大きいハイビジョンモニターに映し出されるため微細な病変を一目で発見しやすくなっています。
・経口、経鼻のスコープどちらでも選択可能です

・ピロリ菌の検査や除菌も行っています。

大腸内視鏡検査
・内視鏡にて大腸全域の観察をして疑わしい部分があればその場で組織の生検をし確定診断につなげます。

・早期の大腸がんや将来がん化する可能性の高い病変ポリープをその場で切除。 (1泊入院が必須)ただし、ポリープの大きさでは別に手術を受ける場合もあります。 大腸スコープにもNBIが搭載しており特殊な光を照射、微少ながんを発見することができます。

・スコープを挿入する際、空気で大腸を膨らませる必要がありガスがたまって苦しく感じます。当院では検査施行中の炭酸ガスの使用により お腹の張りが抑えられ苦痛なく検査が受けられます。

どちらの検査も大学病院など長く内視鏡検査や治療の経験を積んできた医師が 行っており苦痛や不快を可能な限り軽減させる手法を用いて精密安全性の高い 検査を短時間で行う事ができます。